土のう袋を購入【すぐに使用できる商品を選ぼう】

メニュー

耐久性で選ぶ

土嚢袋

輸入品と国産品があります

災害時に水の侵入を食い止めたり、侵入した水を排出する道を作るために利用する土のうは、ポリエチレン製の土のう袋に土を入れて使います。土のう袋の大きさは横48cmで縦62cmで決まっています。このサイズは小さすぎると土のう袋の数をたくさん用意しなければならず、逆に大き過ぎると重すぎて運ぶことができないため中間サイズで作られています。また、サイズがバラバラだと作業効率が落ちることと積み重ねにくいといった点から基本的に同じ大きさになっています。建設現場ではガラ袋と呼ばれるポリプロピレンでできた建設現場で出たごみを入れるものがありますが、土のう袋よりずっと大きいため土を入れると重すぎるため土のうとしては使いづらいものです。ポリエチレンはプラスチック素材の中で最も安価で加工がしやすく、大量に準備しなければいけない土のう袋にぴったりの素材です。また耐水性があることから浸水を防ぐ道具としてぴったりで、熱に弱い欠点がありますが、雨天時の使用になるため熱にさらされることは全くありません。もともと素材としては安いポリエチレンですが、土のう袋には大きな価格差があります。それは密度の違いで耐久性に違いがあるために発生しています。安価な土のう袋は輸入品であることが多く、大量に用意しておき災害時にはすぐに使えるように準備しておくには安いものでよいでしょう。一方、長期間使用しなければいけないときは、高密度の国産品を使わないとすぐにボロボロになってしまい、崩れてしまうことがあります。

Copyright© 2018 土のう袋を購入【すぐに使用できる商品を選ぼう】 All Rights Reserved.