土のう袋を購入【すぐに使用できる商品を選ぼう】

メニュー

椅子

どこで使うかで異なる

客席は折りたたみ式のものが便利です。いろいろな用途で使えるからです。特にイベント設置会社では様々な用途で客席をセッテイングすることがあります。専門業者に用途に合わせて作ってもらいましょう。そして安全性を確認しましょう。

土嚢袋

耐久性で選ぶ

土のう袋のサイズは決まっていて、ポリエチレンでできていますが、耐久性で価格が異なります。災害時に大量に使う場合は安い海外製のもので良いですが、長い間使わなければいけないときには耐久性のある国産品を使った方がよいでしょう。

教室

会場設置と席

客席を用意する場合、折りたたみ式の客席を活用することが最適である。特に仮設として会場を用意する場合には、折りたためることのメリットが大きい。不要になった場合には折りたたんで片付けることでスペースの節約などにもなる。

工事

建設現場での使い分け

建設現場では、土のう袋とガラ袋の両方が利用されています。土のう袋は柔軟なポリエチレン製で、ガラ袋は丈夫なポリプロピレンでできています。販売価格はガラ袋の方が高くなりますので、使用用途に応じた使い分けをするようにしてください。

作業員

イベント時に用意する椅子

イベント開催時の客席は、折りたたみ式を用意するのが便利です。パイプ椅子は多くの会場から借りられるので、レンタル業者から借りる料金を抑えられるでしょう。ベンチの場合は、一脚に大勢が座れます。また、パイプ椅子は様々な並べ方ができます。イベント内容によっては、椅子以外に机も用意しましょう。

現場によっては意外な用途

土嚢

画期的な商品も

集中豪雨で河川が氾濫した時や、土砂崩れが起きた災害現場などで、土のう袋をよく見かけます。袋に土を入れてブロックやレンガの代わりにして、水をせき止めるのが主な使用方法です。袋1枚は十数円と言う値段でとても安価です。緊急を要する災害現場にブロックやレンガを運び入れるのは大変な労力ですが、土のう袋だけを現場に持ち込み、土は現場で詰めることで、作業効率は大幅にアップします。また、ブロックやレンガよりも大きいので、応急処置的使われ方ではあるものの、氾濫や土砂崩れの食い止めに十分威力を発揮します。土のう袋の積み上げ方によっては、応急処置は変わらないものの、長期間に渡ってその役割を果たします。土のう袋の素材はポリエチレンを編み込んだものなので非常に丈夫です。土木資材と言うことから、土木現場には必ずと言ってほいほどあるものですが、本来の土を入れて使う他に、袋の耐久性を利用して、土木資材の保管用や移動の際の袋としても使われています。また、土木現場で出るごみを入れる袋としても活用事例があります。ごみを入れる袋は別に存在しますが、その袋より価格が安価と言うこともあり、土のう袋を使用することが多いようですね。土木現場で袋と言えば、土のう袋を指すと言ってもいいのかも知れません。最近では、ただ水を入れておくだけで、従来の土のう袋の働きをする袋も出てきました。土を入れる手間が省けるということで、画期的な商品とも言われています。

Copyright© 2018 土のう袋を購入【すぐに使用できる商品を選ぼう】 All Rights Reserved.